太陽光発電のソーラーパネルの種類

太陽光発電システムのなかで欠かせないものが太陽電池です。
素人にはどれを見ても同じですが、実はそれぞれ違いが大きいのです。
素材の違いで熱効率なども大きく異なってくるので、知っておき、購入するときに確認すると大変便利です。
一般的に、シリコン系と化合物系の2つがあります。
シリコン系には、単結晶・多結晶・アモルファス型などがあります。
家庭用のソーラーパネルには、半導体の材料にもなるシリコン系と、複数の元素を組み合わせる化合物系との二つに大きく分かれます。
単結晶シリコン型は一般に生産性が高く、性能と費用とのバランスがとれているため、最近7では太陽電池の主流となりました。
一方アモルファスシリコン型は、温度が上がっても変換効率が下がりにくいという特徴があります。
これら2つを組み合わせたハイブリッド型は両方のいいとこどりです。
それ以外にも、近い将来実用化が期待されている、有機系など、多種多様なものがあるので、その特徴を生かして最良の相性のものを選んでおくといいでしょう。
材質も大切なポイントですが、何よりも大切なこととして屋根の形状とその広さにあります。
もちろん屋根の傾きによって取り付ける形や広さも異なってきますが、何より自宅の屋根でどれくらいの電機を作れるのか価格やデザインなどによって異なるため、購入前にある程度専門店の担当者に相談することで、安心して快適なものの設置ができるでしょう。
デザインなどを踏まえて総合的に判断し、信頼性の高い安全に使えるものを適切に取り付けておくことで、電力の供給や最良の結果を導くことにもつながります。
取り付け前に納得できるまで確認しておきましょう。
太陽電池の性能を表し、太陽光発電システムを導入する際に大きな検討ポイントになる、「変換効率」という数値があります。
光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合変換効率が高いほど、小さな面積で大きな電力を取り出すことができます。