You are currently browsing the おすすめ業者選び category

メーカーの選び方

太陽光発電システムを自宅に設置するときに、多くの人が悩むのが「どこのメーカーの製品を選んだら良いのか?」ということではないかと思います。
現在では国内メーカーだけでも、シャープや京セラ、パナソニック、三菱電機、東芝などの製品が購入可能ですし、海外メーカーも考慮に入れれば10ほどのメーカーの製品が販売されています。
この中から、いわき市にお住まいの人が自宅にピッタリの製品を選ぶというのはとても難しいことだといえるでしょう。
そこで、大手メーカーの太陽光発電システムについて、その製品の特徴を簡単に説明してみたいと思います。
購入の際に参考にしてください。
まず、国内シェアトップのシャープについてです。
シャープの製品の特徴は「コストパフォーマンスの良さ」ということになるでしょう。
シャープでは製造コストの安い多結晶シリコンを太陽電池に使うことで価格を下げています。
多結晶シリコンは単結晶シリコンと比べると性能面で劣りますが、新しい技術によって多結晶シリコンの変換性能を高めているので、多結晶シリコンを使った製品の中では比較的高性能と言えます。
京セラも多結晶シリコンを使った低価格の製品で人気があります。
京セラは昔からアフターケアに定評があり、10年長期保証などを最初に導入したメーカーとしても知られています。
安心感が欲しい人には良いでしょう。
変換効率を追求するならばパナソニック(三洋電機)の製品がオススメです。
変換効率とは「太陽の光からどれだけロスなく発電できるか」という性能を示す数字ですが、パナソニックのハイブリッド型シリコン太陽電池は、この変換効率が優れているのが特徴です。
日本は狭い家が多いので、たくさんの太陽電池パネルを設置するだけの屋根面積が取れないことがあります。
そんな時は変換効率が良いパナソニックの製品を選ぶことで発電量を大きくすることができます。
三菱電機の製品はパワーコンディショナーの性能が良いという定評があります。
パワーコンディショナーとは直流電流を交流に変換する機器で、三菱電機の製品は他社の製品に比べてこの変換効率が優れています。
総合的な能力で選ぶならば、三菱を選択するのも良いでしょう。