ソーラー発電と農業の両立

ソーラーシェアリングという言葉をご存知でしょうか。
ソーラーパネルを農地よりも数メートル上に設置し、スリッドのように光を地面に届けさせることで、農産物の栽培を行いつつ、同時にソーラー発電もおこなうものであり、今後の日本のエネルギー発電に大変利益をもたらすものと期待されています。
実は太陽の光というのは全てが完全に植物にいいものというわけではなく、ある一定以上の太陽の光というのは植物にとってもあまりいいものではないのです。
そのため、最低限の太陽の光だけを適切に植物に届け、余分な部分をソーラー発電として利用しちゃおうという、大変効率のいい方法です。
そのため、最良の方法として活用することができるので、魅力的なプランといえます。
具体的にやり方を確認すると、一般的な畑のうえに日よけを作る感じでのソーラーパネルを張り巡らせ、余分な水遣りをしてねぐされをすることもなく、適切な水分量と日光の寮によって安定した農作物の供給とソーラー発電を同時に実現に向かわせることができるので、発電システムとしても農業プラントとしても安定して供給を実行することが大きく期待できるシステムとして、現在多くの注目を集めています。
実際に福島の日工作地域での取入れが決定していますので、福島の復興へ大きな期待を寄せられるシステムとしても魅力的といえるでしょう。
とはいえ、現在日本では農地を農地以外のことに使うのは法律で禁止されているのですが、実はそーらシェアリング方式の場合には、農作物が作られている状態で実行されているのであれば、まったく問題なくソーラーパネル設置をしてかまわないということなので、両立させることが可能な利便性の高いシステムといえるでしょう。
自分たちにとって納得できるプランを適切に把握することで、安定した農作物だけではなく太陽の光によって発生する電力の供給をも実行に移すことができるのは大変いいことです。