太陽光発電で環境に貢献

太陽光発電に興味を持っているご家庭は、
福島でもたくさんあるのではないかと思います。
それに2011年3月の震災後は、
新しい発電の在り様というものに考えを巡らせた方も多いでしょう。
私の知っている福島の知人も、
そんな新しい発電システムに興味を持ったうちの一人です。
もともと床暖房をしていたのと、
趣味の園芸のために小さな温室があったことで、
電力の消費量が多かったことも大きかったのではないかと思います。
他の家よりも電力を多く使っているけれど、
このままでいいのだろうかという気持ちはずっとあったようです。
それで地球環境のためになり、
それが地域のためにもなればと太陽光発電の導入を決めたそうです。
それまで他の家よりも多く電力を消費していることに、
何かしら後ろめたいものを感じていたとも言っていました。
太陽光発電システムで発電をするようになり、
これで心おきなく床暖房も趣味の園芸もすることができると言っていました。
それまでは電気を消費するのに、
そんな後ろめたさを感じることはなかったのではないでしょうか。
それが今では、
何か電力を消費することがいけないことのように思う方が少なからずいます。
そのような人のために、
光明となるのが太陽光発電なのではないでしょうか。
普通なら降り注ぐままになっている太陽光を利用して、
自分たちが利用する電力を発電する。
それはいままでにない発電システムで、
大手を振って電気を使うことができるシステムなのが魅力なのでしょう。