You are currently browsing the 福島県で太陽光発電 category

福島で太陽光発電をする意義は

東日本大震災で地震による間接的かつもっとも大きなダメージを受けたのが、福島だと思います。
原子力発電所の事故など、これまで誰も想定していなかったことだけに、一体どうなるのだろうと不安を持ちながら、毎日テレビの報道にくぎ付けになっていたものでした。
原子力発電が安全なエネルギーではないということが分かった以上、つぎつぎと原発が止まっていったのもやむを得ないことでした。
そのため、今後はよりクリーンなエネルギーとして、太陽光発電のさらなる活用が求められます。
原子力発電所に代わるほどの太陽光によるエネルギー確保は、かなり険しい道のりになると思われます。
けれど、福島においてはどこよりも自然エネルギーの確保に乗り出すことが、この事故から受けたダメージを回復することにつながるのではないかと思います。
太陽光発電システムが住宅にも会社にも取り付けられ、原子力発電所の代わりにメガソーラーが作られることで、新たなエネルギー源となってほしいと思っています。