太陽光発電の普及に力を入れている福島県のこと

皆さんは、福島県と耳にしたとき、何を思い浮かべますか?
おそらく多くの方は、東日本大震災とそれに伴って起こった原子力発電所の事故で、
大きな被害を受けた県だということを、真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。
その福島県では、復興のための対策として、
10年間で太陽光発電パネルを多くの世帯の一般住宅に設置するという構想が2011年に打ち出されたりしており、
太陽光発電の普及に力が入れられています。
当然、太陽光発電設備を設置した際の福島県としての補助金がしっかり用意されているので、
国の補助金と合わせて利用することで、太陽光発電設備導入の初期費用負担をかなり減らすことができるでしょう。
そのため、安心して福島県で太陽光発電を設置することができます。
また、太陽光発電設備の設置を無料で行ってもらって、
その設備を、一定期間、定額の料金を支払ってリースすることで、
自分の太陽光発電システムにすることができるというような事業も行われていたりするみたいでした。
設置を無料で行ってもらえるのは、復興のために集められたお金を利用するからなのだそうです。
こうした事業を利用すれば、補助金を受け取っても、太陽光発電の初期費用がまだ高く感じて、
設置に踏み切れないという人でも、太陽光発電をスタートすることが出来るので、
とても画期的なことではないかと思います。
これらの補助金や事業が、福島県内で太陽光発電設備の設置を考えている方の背中を押して、
福島県での太陽光発電の普及がどんどん進んでいけば良いと思いました。