福島県での取り組み

福島では、住民による太陽光発電設備の導入を進めています。
地震で受けた被害は多大で、家屋の立て直しを余儀なくされた家庭も多くあります。
そのため、福島県では復興のために新たな街づくりが行われています。
しかし、街づくりとは言っても、今の時代は環境にも配慮しないといけないため、省エネルギー機能を有しているなど、エコ住宅の普及が進められています。
また、福島県では、原子力発電所の稼働停止に伴って、電力が常に不足している状態です。
そのため、家庭における自家発電機能を進めて、電力の不足を緩和しようという働きが強まっています。
そこで、福島県内で家を新築したりリフォーム計画を立てている人に取り入れられているのが、太陽光発電設備です。
太陽光発電設備は、建物の屋根に設置することで、太陽の光を受けて発電します。
福島では、高い建物が比較的少ないために、太陽の光を十分に受けることができるので、太陽光発電で多くの電力を発生させることができます。
そして、太陽光発電設備の普及によってその本体価格も下がりつつあるものの、いまだに100万円以上する設置費用がかかってしまいます。
そこで、福島県では、助成金を出すことにより家庭における太陽光発電設備の普及を図っています。
その金額は、設備の規模にもよりますが、最大で14万円までの助成を受けることができます。
その結果、福島県内では、この助成金を利用して太陽光発電設備を設置するところが増えました。
各家庭において太陽光発電設備の導入が進められれば、環境に優しい街づくりが実現します。
また、日中に発電した電力を夜間に利用することで節電にも対応することができ、停電時にも電力の使用が可能となるため災害対策にも利用することができます。