福島で進む太陽光発電の導入

福島では東日本大震災で多くの被害を受けました。
そこで、福島県内では復興政策が進んでいます。
そして、環境に配慮した新たな街づくりの計画がなされています。
その一つとして、一般家庭における住宅用の太陽光発電システムの設置が促進されています。
太陽光発電システムは、二酸化炭素を排出しないため地球温暖化の防止になるだけでなく、電力を貯めておくことができるため、万が一停電が発生した時にも電力の供給が可能になります。
そこで、災害対策としての備えにもなります。
福島では、住宅用の太陽光発電システムを設置する家庭に対して、その設置費用を軽減するために補助金制度を設けています。
新たに太陽光発電システムを設置する人は、申請を行うことで、最大499000円もの補助金を受けることができます。
この補助制度は国の行っている補助金制度との併用が可能です。
太陽光発電システムの設置費用は安くなってきたとは言っても、100万円以上する高額なものなので、補助金を受けることで福島県内の多くの家庭で、太陽光発電システムの設置を進めることができます。