福島だからこそ太陽光発電

2011年の原発事故以来、
頑張ろう東北といいながら福島は置き去りにされているのではないかと思います。
原発事故というのは終息するまでにどれくらいかかるものなのでしょう。
いままで発電というのは巨大資本しかできないと思われてきました。
ところが太陽光発電の登場で、
一般家庭でも発電をすることができるようになったのです。
もちろん太陽光発電には、
安定的に電力を供給できないというデメリットがあります。
それはこれまで本腰を入れて研究されてこなかったからではないかと思います。
技術は普及するにつれてどんどん進化していくものです。
いまは国や県に太陽光発電を促進するための補助金もあります。
その補助金を利用すれば、
今まで以上に太陽光発電が始めやすくなっています。
また再生可能エネルギーの買取制度が始まったことにより、
一般家庭で発電した電力を売ることもできるようになりました。
一社独占の電力会社から電気を買わなくても、
自分たちで発電できるというのは素晴らしいことだと思います。
電力を自分たちで選択することができるのです。
美しい福島の地を汚すことのない電力を、
県内の住宅一戸一戸が選択することで脱原発が近づくのではないでしょうか。
もちろん無理はいけませんが、
できればクリーンなエネルギーを利用したいと思うのは当然だと思います。
普及が加速すれば技術も進歩していくでしょう。
補助金と買取制度がある今のうちに、
太陽光発電がもっと普及してくれればいいと思っています。