福島の復興には欠かせない

皆さんもご存知のように東北地方太平洋沖地震は、
2011年 3月11日14時46分に発生しました。
巨大な東日本 大震災を引き起こし、東北から関東にかけて
東日本一帯に甚大な被害をもたらした。
特に福島の原子力発電所の原発事故はそうとうなものです。
その事故で多くの電力不足になりました。
皆さんも節電には、すごく協力していただきました。
でもこれからの日本の電力を考えますと、
もう原子力の電力に頼るのではなく
これからは、地球に優しく、人間にも優しい電力が求められると思います。
そこで今注目をされているのが、 太陽光発電だと思います。
太陽光発電は、太陽電池を用いて太陽光を直接的に電力に変換します。
そのソーラー発電再生可能エネルギーである
太陽エネルギーを利用するわけです。
原子力のように、ウランや プルトニウムが核分裂反応をする際に発生する
大量の熱で水を沸騰させて、蒸気をつくり タービンを回して発電をするので、
福島のように事故を起こすと、大量の放射性物質を空気中に放出してしまいます。
その点、太陽光発電は、太陽光を利用するのでクリーンな発電ができるんです。
温暖化にもなる、二酸化炭素も出さない。
太陽光発電のソーラーパネルは、自宅の屋根の上、ビルの屋上
ドーム球場の屋根などなど、太陽光が当たる所に設置ができるんです。
東日本 大震災や福島の原発事故復興に太陽光発電は、
欠かせないと思います。
これからの地球規模で太陽光発電は必要だと思います。