太陽光発電と太陽電池と農業

世界中で太陽光発電への期待が高まっていますが、実際に太陽電池がどのように使われているのか、どのような可能性を高めることができるのかを的確に把握することができる人は、アフリカではあまり耳にしないといいます。
そんな中、西アフリカのある国では、太陽電池による電力によって自動給水をする灌漑システムを活用することによって、さまざまな農作物をつくる試みが成功しています。
実際に西アフリカでは1年の半年以上が乾季となっていますので、食物を栽培できる期間が大変短く、お子さんの発育に深刻な影響を及ぼしているのです。
そのため、太陽光発電によって灌漑システムを設置することを実行に移したのです。
普段農業をがんばる女性に生鮮野菜を栽培できるようにするシステムを活用するプランによって、この地域の上を変化させ、自給率のアップを図ったのです。
そのため、実際に砂漠を緑化する際にも使われている点滴灌漑という方法を実行に移しているのです。
点滴灌漑というのは、一定時間で点滴のように水を畑に供給する方法で、その結果によって肥沃な大地を生み出し、普段どうしても育成することができない土地でも豊かな農作物を作り上げることができるのです。
その場合、電気を発生させて水を畑に一定時間供給するシステムなのですが、実はそのときに使われているのは今まで化石燃料を使って作られる電池でした。
しかし、太陽発電によってクリーンなエネルギーだけではなく、地域で繰り返し使うことができる発電システムとして構築するプランを立てたのです。
地下水が通っているこの地域では地下水を太陽電池によってくみ上げ、水を提供することにしました。
この計画は経済的にも技術面でも全てうまくいき、毎月数トンの農作物が生産されているため、計画を発動させてから数年以内に初期投資費用が回収されるという資産がされており、大変有意義な投資となっていることは事実です。